先代貞行が、大正三年佐賀県鹿島市で原料のそら豆を油で揚げた菓子を考えました。 今で言うフライビンズのようなものを「いかり豆」、砂糖をまぶしたものを「サンライス豆」と呼んだのがはじまりです。大正十年、鹿島中学の英語の先生がやってきて、「鹿島の旭が丘は桜の名所だから、チェリー豆としたらどうか」と言われた事から、チェリー豆として誕生しました。島原〜口之津、長洲〜大牟田通いの汽船の「お茶菓子」に採用され、大正十四年四月に本拠を島原市に移しました。島原の特産品として、長年にわたり愛されつづけ、今では島原のみならず長崎県の特産品としても有名になると同時に、うに豆・のり豆・黒糖豆・カレー豆と種類も増え今も「お茶菓子」として皆様にご愛顧頂いております。こだわりの銘菓をご堪能下さい。
店主敬白

ここ島原は国立公園雲仙を背後に持ち、有明海に面する城下町。雲仙山麓から湧き出る清らかな湧水がたくさん流れ、日本名水百選にも選ばれています。その湧水をふんだんに使用し、私たちは美味しいお菓子をご提供いたしております。

— fujita www.fujita-cherrymame.com

   
   

創業大正三年。皆様に愛されて100周年。


- 藤田チェリー豆総本店 -

  伝統の心をこめて・・・。




雲仙山麓より流れる名水。島原の清らかな湧水と伝統のこだわり銘菓。

- 藤田チェリー豆総本店 -